《2017年版》南仏マルセイユのおすすめレストラン番外編

Bonjour〜!!

今回はVieux-Port(旧港)駅周辺のレストラン第三弾の番外編。

でも、Vieux-Port(旧港)駅からすぐに行ける場所ではなく、中心街の駅から北と南に位置する私が今、注目している2つのレストランをご紹介します。

前回の内容はこちらから

《2017年版》南仏マルセイユのおすすめレストラン前編

2017.08.10

《2017年版》南仏マルセイユのおすすめレストラン後編

2017.08.11

 

フレンチ界のホープがマルセイユに上陸!!「AM par Alexandre Mazzia」

以前、ご紹介したアメリカのリアル料理対決番組のフランス版Top Chefで紹介されていたのがきっかけで、2015年にミシュランの一つ星を獲得したレストラン「AM par Alexandre Mazzia(アーエム・パール・アレクサンドル・マジア)

そのレストランのシェフでもあるAlexandre Mazzia氏はアフリカのコンゴで生まれフランスへ定住する前は15年間アフリカで育った国境を越えた料理の数々を生み出し、Festival OMNIVORE Paris World Tour(オムニボア主催のフードフェスティバル)で活躍したシェフの一人です。

どうして行ってみたいのか?

数あるミシュランの星付きレストランの中でも彼が生み出す料理やその料理に合わせる器がどことなく日本の格式高い日本料理の様に洗練されていて華やか。でも、フレンチなのでその見た目と味のギャップを味わってみたい。そこが今一番気になるレストランです。

 

【お店情報】

●住所:9 rue Rocca, 13008 Marseille, France

●電話: 04 91 24 83 63

●予算:《ランチ》35€/52€《ディナー》89€/110€ 《土曜日・祝日※一部バカンス時》52€/72€

●定休日:日・月曜日定休

●交通・アクセス:メトロ2(赤いライン)Rond Point du Prado(ロンド・ポワン・ドュ・プラド)駅から Avenue du Prado(プラド通り)を抜けRue Paradis(パラディ通り)に入って、さらにRue Rocca(ロッカ通り)沿いにある。徒歩8分程。
 

 

2016年Top Chefファイナリストに輝いた女性シェフ「La Pergola」 

2016年にTop Chefで決勝まで生き残り、最後の最後で残念ながら負けてしまったけれど、Finaliste TOP CHEF 2016に輝いた女性シェフColine Faulquier氏がマルセイユにオープンさせた「La Pergola(ラ・ペルゴラ)」

毎週番組を見ていた事もあり、オープンした事を知って、

JAGAKO

ずっと、行きたい、行きたい〜!!

っと言っているレストランですがさすがに一人で行くのは寂しいので彼女のお店のホームページを見て・・・

JAGAKO

えっ!?( ̄Д ̄;;!??

Du Lundi au vendredi De 8H00 à 12H00 et de 14H00 à 20H00

営業日が月曜〜金曜日!?

って事は・・・定休日が土・日曜日!!

まだ、日曜日はフランスだから分かる。

でも、土曜日も休み!?

それも平日の金曜日も20:00まで!!

・・・そう!

このレストラン、平日のお昼がメインのレストランなんです。

夜も20:00までだから、今の時期、日が長いフランスは夕方からapéritif(アペリティフ)をして、早くて19:00にレストランへ入店して、盛り上がるのはどこのレストランも21:00過ぎてから。(日が落ちるのが22:00くらいだから。)

観光地南仏なのにかなり難しい営業時間のレストラン。

JAGAKO

うちの旦那は土日休みの人なので・・・

い、行けない・・・。

こりゃ、女子友としか行けないやぁ〜ん!!

それも、

Vieux-Port(旧港/ビューポール)よりも北側の新スポットが立ち並ぶJoliette(ジョリエット)駅周辺よりもさらに北の Les Crottes(レ・クロット)エリアで最寄の駅はメトロ2(赤いライン)の最終着駅(Bougainvilleブーゲンビル)から歩いて20分ちょっと。

車で6分ほどの所にある隠れ家的レストラン。

実はこのエリア・・・

かなり夜道を女子で出歩くのは危険なエリア(←旦那談)

Top Chefで一躍時の人となったので強気な時間とちょっと交通の不便なエリア・・・

そんな場所でもガンガン稼ぎまくれるのか?

いやいや、このシェフ、実はうちの息子と同じ3歳くらいのお子さんがいるママでもあるので、レストランのオープン時間がかなり限られている。

だから、私たちの都合の良い日程ではなかなか予約が取れない。

そんな、一見、お客様商売的じゃないフレンチレストラン。(そう思うのは日本人だけだけど。きっと・・・笑)

どうして行きたいのか?

強気な時間と不便なエリア。それでも自分の時間、家族の時間を大切にするフランス人らしいシェフでもある。業界的に男性シェフは多くてもTop Chefまで上り詰められる女性シェフは、ほんの一握り。そんな彼女の繊細な料理を一度味わってみたい。

 

【お店情報】

●住所:175 Chemin de la madrague ville 13002 MARSEILLE

●電話:06 26 16 36 00

●予算:《ランチ》20€/25€ 《シェフのおすすめ》55€ 〜 《子供》15€ 

●定休日:土・日曜日定休

●交通・アクセス:メトロ2(赤いライン)Métro Bougainville(ロンド・ポワン・ドュ・プラド)駅から 徒歩20分程。タクシーを駅からご利用で6分程。
又は、街の中心Vieux-Port(旧港/ビューポール)から車で15分程。
 
 

 

 

 

 

 

 

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

これからの時代はモバイルファースト必須!!
WPテーマ「ストーク」

新しいスマホビュー時代にはこだわり抜いたWordPressテーマ「ストーク」が熱い!!!スマホでの見やすさ、操作しやすさが実感できます。

コメントを残す