【南仏観光】南フランスのミモザ祭り 〜春の訪れを感じるイベント〜

Bonjour〜!!

もう、2月ですね。

2月と言えば、南仏の恒例イベントに、コート・ダ・ジュールのニースで行われる「カーニバル」、マントンの「レモン祭り」、そして、黄色い花が特徴の「ミモザ祭り」がこの時期の南仏3大祭りと言われています。

今の時期の南仏は、 朝晩は空気が冷たいのですが、お天気が良い日は日差しが強く、空気も乾燥しているので過ごしやすく、半袖の人もチラホラ。

日本だと「梅」や「桜」が冬から春の訪れを教えてくれる代表的な季節のお花ですが、南仏では、「Mimosa(ミモザ)」が有名です。

そこで、今回は、「ミモザ祭り」の魅力についてご紹介します。

 

POINT 旅のお供にこの1冊

 

「ミモザ祭り」の”ミモザ”とは何?

「ミモザ」は、マメ科・アカシア属の植物で、小さなふわふわした黄色い丸い形をした房状(ふさじょう)の花を咲かせ、芳醇な香りを漂わせる花です。

匂いが強いため、香水の原料としても好まれ、南仏を代表するお花です。

南仏の景色に生える黄色い可愛らしい「ミモザ」はこの時期に切り花として楽しむ人も多いです。

実は、原産地は元々オーストラリアになります。

今では、アフリカと南フランスでも生産が盛んになりました。

JAGAKO
 では、どうして、南仏で有名になったのか?

それは、ズバリ、「ミモザ」の発育と南仏の気候が合うからです。

「ミモザ」の特徴

①乾燥した気候を好み、風通しが良く日当たりの良い場所を好む。

②水をあまり必要としなくても育つ。

③痩せた土地でも育つ樹木で肥えなど栄養分をあまり必要としなくても育つ。

④耐寒性のある常緑高木。

常緑高木(じょうりょくこうぼく)
1年中、葉を落とさず、幹や枝に緑葉を付ける「常緑樹」のうち、樹高が高いものを指します。

 

《ここが見所ポイント》

そんな高い木に鈴なりに咲いている光景が南仏の街並みとマッチしているのが見所です!

 

 

「ミモザ祭り」は南フランスのどこで開催されるお祭り?

実は、このミモザ祭りは、「Bormes les Mimosas (ボルム・レ・ミモザ)」 から「Grasse (グラース)」までの小さな村々で毎年行われるお祭りです。

その中でも、「Fête du Mimosa (ミモザ祭り)と言ったら、

Bormes les Mimosas (ボルム・レ・ミモザ)」やカンヌの郊外にある小さな村、

「Mandelieu-la-Napoule(マンドリュー・ラ・ナプール)」で、2月〜3月まで行われるイベントが有名です。

出典:Googleマップ

特に、「マンドリュー・ラ・ナプール」で開催される「ミモザ祭り」は、1931年に創立されて以来、毎年開催されています。

2月半ばから、8日連続で開催されるパレードなどの催し物が世界中から多くの観光客が訪れる場所でもあります。

「ミモザ」を始め、この時期の花々、特にマリーゴールド、デイジー(ひな菊)、アネモネ、ガーベラ、カーネーションなどで飾られた台車(トラックなど)のパレードが行われます。

そして、多くの出店や屋台が登場し、花々だけではなく、蜂蜜、フロマージュ、ソーセージ、地域限定のお土産屋さんなどで活気があります。

La Fête du Mimosa(ミモザ祭り)-1

●開催日:2019年2月24日(土)

※今年度の日程は、オフィシャルサイトよりご確認ください

●開催地:Bormes les Mimosas (ボルム・レ・ミモザ)

●住所:【会場】Hôtel de ville

1 Place Saint François, 83230 Bormes les Mimosas

※当日は、交通規制があるので、近隣の駐車場に停車、または観光案内場からシャトルバスが運行しています

【Tourist Office】319 Boulevard du Front de Mer 83230 Bormes-les-Mimosas

●オフィシャルサイト

 

La Fête du Mimosa(ミモザ祭り)-2

●開催日:2019年2月20日(水)〜2月27日(水)

※今年度の日程は、オフィシャルサイトよりご確認ください

●開催地:Mandelieu・la・Napoule(マンドリュー・ラ・ナプール)

●住所:806 avenue de Cannes 06210 Mandelieu-La Napoule

●オフィシャルサイト

見所のイベントが集中して行われるのが、週末の3日間で、オーケストラ、アーティストの演奏、コンサートやショー、ミモザ女王投票など毎日いろいろな催し物があります。

天候・災害などにより、日程・内容変更などがありますので、詳しい情報はオフィシャルサイトからのご確認がおすすめです。

 

《ここが見所ポイント》

日帰りミモザ祭りなら、「ボルム・レ・ミモザ」へ。

お時間に余裕があり、お泊まりの旅行も兼ねて行かれるのであれば、カンヌの「マンドリュー・ラ・ナプール」のミモザ祭りでいろいろなショーやパレードを堪能出来ます!

 
 

ボルム・レ・ミモザの「ミモザ祭り」の見所は何?

この時期に、多くの「ミモザ祭り」が行われる南仏プロヴァンスですが、その中でも、毎年、アーティスト、地元のダンスチーム、各業界の人たちが多数参加され、テレビ中継など報道各社の人も多く訪れる、「Bormes les Mimosas (ボルム・レ・ミモザ)」で開催される、「Corso Fleuri(花祭り)」と言う、可愛らしい街並みを背に行進するパレードについてご紹介します!

こちらは、会場の出入口を警備の方が厳重に荷物チャックをして、チケットの確認をします。

(注意!当日券をその場で購入できますが、機械の故障があったり、現金のみの扱いの場合もあるので、お気をつけあれ!)

JAGAKO
なんだぁ〜

お金取るのかぁ〜!

っと、訪れた時は思いましたが、見ごたえはあります!

ちなみに、たくさんの人が訪れるため、9:30からシャトルバスが運行(所要時間20〜30。帰りは17:00〜運行)しています。

出典:Googleマップ

La FAVIERE (en face de l’Office du Tourisme/観光案内所の前)を出発して、Supermarché CASINO(スーパーカジノ)の rond-point de LA BAOU下車、徒歩で会場まで行きます。

会場周辺はお祭りのため相当早めでないと封鎖されてしまうので、早い人だと午前中に到着し、(通常、会場入りするピークがお昼過ぎ)周辺に駐車する人が多かったです。

でも、会場まで少し歩きますが近隣の駐車場がこのイベントのために設けられています。

最寄りの駐車場

・Parking Casino (スーパーカジノ)

・Parking Intermarché (スーパーアンターマルシェ)

・Parking La Favière(ラ・ファヴィエール)(※観光案内所の前)

それぞれ、一部のみ駐車利用可能だったりしますので、会場へはパレード開始前のお昼頃には遅くても入場される事をおすすめします。

余談ですが、

日本からお越しの場合はツアー、現地オプショナルツアーの予約をした方が良いと思いました。

それは、実際に行ってみて感じたのですが、結構不便な場所にあり、観光目的の人が多いので、会場までの看板などはありますが、日本に比べると少し分かりにくい点も多く、安全面も考えて、(※日曜日は公共交通機関も本数がかなり少ないため)少し料金は高くなっても事前にツアーへ申し込まれる方が間違いないなぁ。っと、思った現地、南仏に住んでいる私の意見です。

JAGAKO
 ご参考までに〜!

《入場料》

・大人・・・6€

・子供料金・・・10歳未満のお子様は無料

・グループ料金:5€(※10名様以上のグループ適用)

【注意】チケット持参で再入場が可能になりますので、無くさない様にしてください。

Corso Fleuri(花祭り)

●開催日時:2019年2月24日(日)

※今年度の日程は、オフィシャルサイトよりご確認ください

メインのパレード:14:30開始〜

●開催会場:Bormes les Mimosas (ボルム・レ・ミモザ)

●住所:【会場】Hôtel de ville

1 Place Saint François 83230 Bormes les Mimosas

●オフィシャルサイト

 

「ミモザ祭り」の実際のパレードとは?

さて、さて、それでは、

「ボルム・レ・ミモザ」の「ミモザ祭り」の全容をご紹介します。

毎年10台以上の台車が、Hôtel de ville (市役所)へ向かって、街の中を横断しながら、大道芸人のパフォーマンス、地元の子供たち、ミュージシャンやオーケストラ団体などが観客を楽しませてくれます。

ずっと飽きずに見ることができるパレードですが、立ち見が基本なので、小さなお子さんがいる場合は大変かもしれないです。

でも、実は、料金を支払えば、街の中にある観光案内所付近に設置してある、特別席で座りながら観覧する事が可能です。

ただ、ネット予約だけで毎年完売してしまう様なので、お早めの予約が必須になります。

すでに予約された方が席に着き始めていましたが、まだ、11頃です。早すぎ〜!!

実際にパレードが始まるのはお昼過ぎなので、早めに着いて腹ごしらえをする人でカフェやレストランは人がいっぱいになります。

観光客ご用達のレストランが街の中にあります

パレードの開始時刻に近づいてくると人がたくさん路上に集まりだします。

残念ながら、行った時のお祭りは雨天でした。

でも、このくらいの雨天であれば開催する様です。

そして、アナウンスと共にパレードのスタートです。

JAGAKO
き、来ました! 

色とりどりの台車が通り過ぎていきます!

 

《女子サッカー選手も参加!》

《普通の人の2倍もの高さがあります!》

《ミスコンもあり、優勝者はパレードに参加します!》

《折り返し地点で再び登場して、戻っていきます》

実は、パレードが始まる前に、すべての台車が停車している入口側から入場したので、すべての台車を事前にチェックしていました!

JAGAKO
どの台車もかなり大きくて個性的です!!

実は、コンテストがあり、各台車には番号があります。

いかに目立つか?観客ウケするのか?

が、優勝への鍵の様でどこの生花生産者も張り切っています!

 

《息子は初めて見るお花の台車に終始見とれていました!笑》

《マスコットキャラの・・・ロンドン人形? 苦笑》

《迫力満点で、どんな構造になっているのか気になります!》

それぞれにテーマがあり、すべて旬のお花で埋め尽くされています。

 

《テーマはアメリカと汽車?》

《テーマはミュージック!》

《テーマは海!コスプレした人魚(男)がいます。苦笑》

まじかで見学すると、とっても迫力があります。

そして、お花の良い匂いが漂ってきます!

それから、メイン会場(市役所)の折り返し地点付近には、出店もあるので、お土産を購入するのに最適です。

《子供が遊べるお店もあります》

《南仏名物の揚げドーナツ》

そして、お手洗いも近くにありますので、土地勘の無い人やお子さん連れには目印になりやすいです。

 

ボルム・レ・ミモザの「ミモザ祭り」は見るだけじゃない、最後まで見切った人にお得な特典がある

私たちが訪れた時は、残念ながら天候に恵まれず雨だったのですが、最後の最後に嬉しい事がありました。

それは、入場料:大人一人6€を支払った代償として、会場を回った台車に飾られた色とりどりのお花たちが自由にお持ち帰り可能だった事!!

実は、地元民はこの最後のイベントを良く知っていて、パレードが終わる頃にこれが目的で来られる人もいました。苦笑

慣れた手つきでお花を摘んでいきます。

中には、バケツやお花摘み用のカゴを持参の人、袋に詰める人・・・

それも、その勢いは半端なく、お花の取り合い。

そして、上手い事花瓶に生けるであろう、お花の生け方に合わせたお花選びをする人など、自分の好きなお花をかき集めていました。

JAGAKO
お花も良いけど、この最後の最後に人間の欲を見ました!(苦笑)

ちなみに我が家は、お花に全然興味が無い旦那に息子を預け、お花争奪戦に私は参加。

でも、戻ってきたら、息子が・・・

我が息子

女の子はね。

お花が好きなの。

だからママンのためにお花をあげるだよ。

っと、言って、お花をくれました。(ウルウル・・・)

そんな、健気な姿にドン・キューンと、心を射抜かれました。

親バカだけど、可愛くて仕方が無い息子。

いつか、好きな人にお花を贈る日が来るのか・・・?

ちょっと、母はジェラシーです!

そして・・・

戦利品のお花を生けてみました。

ぶっちゃけ、生花とかした事がないので見た目はお許しください。

 

もう一つの見所「ミモザ街道」とは?

上記でご紹介した、

「Bormes・les・Mimosas (ボルム・レ・ミモザ)」を起点に、コート・ダジュール地方の香水産業で有名な街、「Grasse (グラース)」まで、およそ地中海沿いに約130キロにも渡る「Route du Mimosa (ルート・デュ・ミモザ/ミモザ街道)」が走っています。

「ミモザ街道」沿いには、「ミモザ」有名な8つの街があります。

出典:Googleマップ

 

「ミモザ街道」の8つの街

①BORMES-LES-MIMOSAS (ボルム・レ・ミモザ) 

②RAYOL-CANADEL-SUR-MER (レヨル・カナデル・シュル・メール) 

③SAINTE-MAXIME (サント・マクシム) 

④SAINT-RAPHAËL (サン・ラファエル) 

⑤MANDELIEU-LA-NAPOULE (マンドリュー・ラ・ナプール) 

⑥TANNERON (タネロン) 

⑦PÉGOMAS (ペゴマ) 

⑧GRASSE(グラース)

みずみずしく爽やかなのに芳醇さも兼ね備えた香りがする「ミモザ」は、香水の原料として利用価値があるため、「ミモザ街道」の終点でもある、香水の街グラースでは、香水工場の見学、オリジナル香水作りなどの体験もできる観光地です!

JAGAKO
 世界中に出荷される香水の宝庫は、実は南仏から生まれています!!

 

【番外編】まだ、まだあるよ!ボルム・レ・ミモザの魅力!

最後に、

実は「ボルム・レ・ミモザ」は、「ミモザ祭り」だけに人が集まるのではなく、一年を通して、観光客で訪れる南仏の観光地で有名な場所でもあります。

以前、日本の家族が南仏へ来た時に紹介した事があるのですが、特に春から夏の時期は、観光客でいっぱいです。

それは、この小さな街自体が、南仏カラーでもあるオレンジがかった屋根や壁がもたらす美しい景色と、花々に囲まれた素敵な街だからです。

一歩、路地裏に入ると迷路の様になっています!

 

《可愛らしいお店が多いです!》

《心ウキウキする南仏のお土産が見つかるお店》

街の中にどんどん入っていくと、居住区と隣り合わせでお土産屋さんやレストラン、美術館などがあります。

 

素敵な南仏カラーのお家にお花が・・・!コントラストが最高!!

街の中をどんどん上に上がっていくと高台があり、そこから見る景色は抜群です。

息を切らして登ってきたご褒美は絶景〜!

小さい街なのですが、意外に歩き回れる街なので、足が痛くならない運動靴、またはハイキング靴などでお出かけするのが最適です。

最後はやっぱりお土産屋さんでしょうか・・・?

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

一言に南フランスの「ミモザ祭り」っと、言っても毎週末どこかで開催されているので、チャンスがあったら、「ミモザ祭り」巡りをしても面白そうですね。

最後に、観光地へ行く際の注意点として、

JAGAKO
意外にカードでの支払いが出来ない場合があるため、現金を少し持参しておいた方が良いです!

だからこそ、スリにご用心あれ!!

 





「タウンライフ旅さがし」で海外旅行見積り・プランの一括お問い合わせ!!

時間がない!

いちいち探すのが面倒くさい!!

でも行くのなら良い旅行にしたい!!!

\そんな欲張りさん必見!!/

①完全無料で1社1社個別にお問い合わせをしなくても複数の旅行会社に一括見積り・問い合わせが可能

②自分の行きたい各地域、要望を専門に取り扱う旅行会社が最適なプランを無料で作成・提案可能

海外在住社必見!日本へ一時帰国の際にお役立ちのSIMカード「hanacell」

★使わない日は料金ゼロ!

★データ定額が自動適応!!

★日本の番号で通話もできる!!!

「JAPAN TRAVEL SIM」の使い方についてはこちら参照

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本では広告代理店でバリバリ雑誌の企画営業を担当。 海外に出国して戻ってきた時の再就職のためにデザインも出来る営業マンを目指し会社を退社後、デザインの専門学校で芸大時代には身につかなかった基礎を身につける。 思い描いていた日本の暮らしは叶わずフランスで子育て真っ最中。 日本へ帰国した時の楽しみは、会社員時代にお世話になった人達のお店へ出かけるのが密かな趣味。