【フランス観光】南仏の景勝地「Cassis(カシ)」の魅力とは?

Bonjour〜!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

夏のバカンス時期になると南仏プロヴァンスは一番活気に満ち、中心街は観光客でいっぱいです。

そんな南仏観光におすすめな場所の一つにマルセイユのお隣、「Cassis(カシ)」という小さな港町があります。

有名スポーツ選手や著名人の別荘が多いと言われ、マルセイユの荒々しく活気のある港町よりも静かで、穏やかで、どこか品がある小さな港町として、プロヴァンスの人々から愛される「カシ」を今回はご紹介します。

 

南仏プロヴァンスの小さな港町「Cassis(カシ)」とは?

南仏(なんふつ)の「Cassis(カシ)」は、マルセイユから東に約20kmの地中海沿い、車で40分くらいの場所にある小さな港町です。

豆知識

地名の「Cassis(カシ)」は、フランス語では”S”を発音しないため、呼び名は”カシ”と言います。

でも果物の「Cassis」は、”カシス”と発音します。

出典:Googleマップ

この町の特徴は、「Cap Canaille(カナイユ岬)」という大きな崖と「Vin de cassis(カシス・ワイン)※特に白ワイン」が有名です。

そして、南仏マルセイユの有名観光スポットの一つで、マルセイユと「カシ」の海岸に沿って続く、長さ20km、幅4kmにもなる白い石灰岩の断崖絶壁に囲まれた河口「Les Calanques(レ・カランク)※入り江」の一つ「Calanque de Port Miou(カランク・ドゥ・ポール・ミュウ)」があります。

※「カランク」には、それぞれポイントによって呼び名があります。

【南仏観光】死ぬまでに一度は訪れてみたい美しいカランク

2018年6月12日
Calanque de Port Miou(カランク・ドゥ・ポール・ミュウ)とは?

船舶の自然保護施設で、年間約500隻の小型船が停泊しています。

《多くの停泊船があります!》

《実は旦那の友達が船持ちなので立ち入る事ができる場所》

【カランク巡り】南フランス人から教わる!究極のバカンスの楽しみ方とは?

2018年7月19日

この場所は車でアクセスできる唯一の場所ですが、ビーチはないので海水浴は楽しめません。でも、ハイキング道の出発点なので、多くのハイキング客、または夕日を眺めるためだけに訪れるカップルなど、目的は様々ですが、多くの人たちが行き交う場所です。

《ここが出発点!》

《白い石灰岩と黄土色の崖のコントラストが印象的》

カランク・ドゥ・ポール・ミュウ」を出発して、美しい松林に囲まれた道を進むと、

「Calanque de Port Pin(カランク・ドゥ・ポール・パン)」へ辿り着きます。

さらに進むと、「Calanque d’En Vau(カランク・ダァン・ヴォー)」をハイキングしながら巡る事ができます。

それから、

この「カシ」を表すプロヴァンス語で、「Qu a vist Paris, se noun a vist Cassis, n’a rèn vist!」という言葉があります。

GONZO

Qui a vu Paris et pas Cassis, n’a rien vu!(訳:カシを見ずしてパリを見ても誰もフランスの魅力を知ることはできない)

っと、言われるほど、プロヴァンスの人は「Cassis(カシ)」という小さな港町を愛してやみません。

 

「Cassis(カシ)」を象徴するヨーロッパで一番高い「カナイユ岬」

「カシ」と「ラ・シオタ」の間に、ヨーロッパで最も高いと言われる、約400mを誇る「Cap Canaille(カナイユ岬)」という崖があります。

出典:Googleマップ

この「カシ」と「ラ・シオタ」を結ぶ「Route des Crêtes(クレット道路)」と呼ばれる曲がりくねった信号機のない山道から眺める「カナイユ岬」と実際に登って岬からカシス湾を見下ろす景色は圧巻です。

あまりにも高くて雲が・・・

 

「Cassis(カシ) 」観光を楽しむのポイント

JAGAKO
そこで、やっぱり「カシ」まで来たら、港町の中を散策してみましょう!

マルセイユやニースの港に比べたら小さいのですが、町の中に点在する、どこか懐かしい、配色の建物と美しい港に多くの観光客が訪れます。

小さな路地から町の中心へ入ると、まずはじめに目に飛び込んでくるのが、高い崖の上にあるお城です。

目の前にそびえ立つ崖の上にあるのが「Château de Cassis」

紀元前5世紀ローマ時代からこのお城の歴史は始まり、時代の流れと共に当主が変わり、現在は、「Château de Cassis(カシス城)」というホテルとして一般の人でも宿泊ができます。

《この海に面した建物のコントラストが可愛らしい》

《多くの停泊船が南仏の港町の特徴!》

小さな港町なので1時間もあれば簡単に散策を楽しめます。

この通りは可愛い南仏のお土産屋さんあり

実際に見た景色はもっとコントラストが強いです!

 

1階はレストランなどお店が多い。でも、2階以降は一般の住居》

《海側から見るとまた違った「カシ」の風景が味わえます》

 

《観光地名物「Petit train(プチ・トラン)》

《お店の軒先にあるハンドタオルがお土産に最適》

《この通りはいろいろなお店が軒を連ねる路地》

「カシ」の町の中で、多くの人が行き交う通り道に「Quai des Baux(ボー通り)」があります。

この周辺や路地裏には、オシャレなブティックやお土産屋さん、レストラン、ワインバー、ワイナリーなどがあり、「カシ」名物のワインをお探しの方にオススメです。

「The Chai Cassidain」はよく立ち寄るワインバー

JAGAKO
南仏のワインを気軽に試飲したい方、アペロだけでも楽しみたい方にオススメのワインバーは種類も豊富で店員さんが気さくな、地元っ子お墨付きの「The Chai Cassidain」がおすすめ!

《海に面した一番人が行き交う「Quai des Baux(ボー通り)」》

《その通りにある、海に面したホテル「Hotel Liautaud」》

「Hotel Liautaud」の横路地にフランスを代表する小説家の名前が付いた「 Avenue Victor Hugo(ヴィクトル・ユーゴー通り)」があります。(レ・ミゼラブルが代表作)

「ヴィクトル・ユーゴー通り」

「ヴィクトル・ユーゴー」通りを抜けていくと噴水のある小さな休憩場所(公園みたいな)「Place Baragnon(バラニョン広場)があります。

アレクサンドル・ジェルヴェ通りにある「Place Baragnon」

そして、この広場内では、訪れる度にアート展が開催されている事が多く、フランスのアートを味わう事ができます。

水がない噴水。すでにモニュメント化しています。笑

この日は写真家のアート展

そして、その広場の中庭にあるアーチ型の門をくぐると、Hotel de ville de Cassis(カシの市役所)に併設されている小さな美術館「Salles voutées(サル・ブテ)」があります。

「Salles voutées(美術館)」

小さな路地が多い場所なので、道に迷ったら、この場所を拠点に散策し、目印にすると表通りに出ることができます。

《細い路地がいっぱいあって、迷路のようです》

《こちらはいろいろなカラーで分かりやすい!》

そして、この港町は、マルセイユの「Vieux Port(ビュー・ポール/旧港)」の港と違い、船の停泊場だけではなく、砂浜のビーチもあり、海水浴場になっているので、夏の時期は連日多くの人で賑わいます。

《海水浴を楽しむ人がいっぱい》

《カシス漁港の岸壁》

ちなみに、ビーチの目印は、フランス名物メリーゴーランドの奥!

フランスの至る所にあるメリーゴーランド

JAGAKO
昼間の景色もオススメですが、夜のライトアップされた景色も綺麗です!

ライトアップされた港

崖の上のお城がすごく目立つ!

 

「Cassis(カシ) 」で人気の「カランク」巡りができるクルーズ船

「カシ」の港町には、レストラン、海水浴、お散歩、ダイビングなどのアクティヴィティ、そして、クルーズ船の出発地として、カランク巡りなどを目的に訪れる人が多いです。

お好きなコースを選べます!

詳しくは別記事でまとめてありますので、ご興味のある方はこちらから。

【南仏観光】死ぬまでに一度は訪れてみたい美しいカランク

2018年6月12日

《Visit Of Creeks(チケット売り場)》

《出発まで待つ人たち・・・ムッシューが私に怒っているのかと思ったら私の後ろにいたマダムを急かしていました。出発間近だったのだとか。苦笑》

Cassis Tourist Office(観光案内所)

「カシ」観光で何か問題があったり、相談したい事があれば、観光案内所で聞いたり、パンフレットをもらたりできます。

Cassis Tourist Office(観光案内所)

●住所:Quai des Moulins 13260 Cassis

●電話:+33 (0)4 42 18 36 36

●営業時間:08:30〜12:00

 

「Cassis(カシ) 」で人気のレストラン「シェ・ギルバート

JAGAKO
旅の楽しみ、現地の食を制す!

っと、いう事で、「カシ」のレストランをご紹介します。

港町「カシ」のレストランの特徴は、やっぱり魚介類を使った地中海レストランがとても多い事です。

そして、観光客が年間を通して訪れる観光地なので、レストランも激戦区。

そこで、同じ港町マルセイユとは違う「カシ」のレストランの特徴を発見しました!

JAGAKO
それは、サービスと料理の質が全体的に高い!

っと、いう事。

例えば、席について日本で言うつきだし(amuse アミューズ)が無料で付いてくるのですが、マルセイユのレストランはカジュアルレストラン系は、ほぼサービスがありません。

中・高級レストランでも、定番はタプナードです。

でも、「カシ」のレストランの多くは、いかにお客さんを掴むか。いかに満足させるか。そして、またリピーターとして足を運んでもらうか。

を、感じる事ができます。

その中でも、毎回訪れてもブレないサービスを提供してくれる「Chez Gilbert(シェ・ギルバート)」というレストランがあります。

このレストランは、サービスの一環として、食事前のアミューズと食後のプチデザートを無料サービスしてくれるレストランで、尚且つ、フランス人のお友達に紹介しても評判が良いレストランです。

ちなみに、フランスでのレストラン探しのコツは、レストランの店先にあるメニューを確認する事です!

このレストランは、主に地中海で獲れた新鮮な魚料理を堪能できるレストランです。

席は1階席がメインですが、2階席もあり、景色がまた違います!

海側の道路に面した1階席

2階席は席数が少ないのでご希望の場合は事前予約した方がオススメです。

《停泊船と町の一体感が素敵!》

《上からの眺めも◎》

JAGAKO
さて、さて、料理はどんな感じでしょうか?

まずは、これがサービスのアミューズ!!

結構、手が込んでいます!魚介類とガスパチョ味のセビーチェ

単品メニューも有りますが、前菜 + メイン + デザートのコースがオススメです。

《魚介類のマリネ》

 

《南仏定番「Soup de Poisson(スープ・ドゥ・ポアソン」》

《鯛のカルパッチョ》

メインの料理は魚料理が多いですが、もちろん肉料理もあります!

そして、「ブイヤベース」もあります!

2名以上〜注文可能なので団体さんにおすすめ

JAGAKO
せっかくレストランで食事をするのであれば、カシのワインを試してみてください!

《カジキマグロのステーキ》

《すずきのバーベキュー焼き》

実は、フランスのビストロでよくあるスタイルが、注文した魚を調理する前にテーブルでお披露目、または、焼き上がって食べやすい様にお皿に盛る前にゲストの前でお披露目をしてくれ、テーブルに運ばれる頃には、お魚の姿は・・・こんな姿になってしまう事が多いです。(悲)

見た目はイマイチですが、味は・・・美味しいです!

JAGAKO
最後にデザート!

の、前にプチデザートがサービスで出てきました。

このレストランは、メニューの内容も季節に合わせて変わるので、常にいつ行っても飽きないです。

JAGAKO
リピートしたくなるサービスの良さがあります。

※ちなみに、通常フランスの庶民派ビストロではこのレストランの様なサービスを求めないのが常識。

期待するとガッカリします。

《デザートも数種類から選べますが、ちゃんと手が込んでいます》

《わがまま言って、甘い系とソルベ系をお願いしても対応が◎》

《パリパリのフルーツミルフィーユ》

 

評価ポイント

●美味しい地中海料理が味わえる

●子連れでも気軽に入店できる

●店員さんがイケメンでサービスが良い

●無料のサービスメニューがある

●コスパが良い

●臨機応変に対応してくれる

 

【お店情報】

Chez Gilbert(シェ・ギルバート

●住所:19 QUAI DES BAUX 13260 CASSIS 

●電話:+33 (0) 4 42 01 71 36

●営業時間: 12:00~14:30/19:00~22:30 ※

●定休日:水曜日

 
 

 

「Cassis(カシ )」の「カランク」の入口にある海水浴場とは?

最後に、

「Calanque de Port Miou(カランク・ドゥ・ポール・ミュウ)」の入口にある海水浴場、

「Plage du Bestouan(プラージュ・デュ・ベストゥアン)」をご紹介します。

この海水浴場は「カランク」の入口に位置する事もあり、海の透明度が高く、「カシ」の港町内にあるビーチよりもとても綺麗なのが特徴です。

バスも運行しているので、公共交通機関でも訪れやすい場所です。

この奥が「カランク」の入口

出典:Googleマップ

この海水浴は砂浜ではなく、丸い石がゴロゴロあるビーチなので、(だから一層濁りがなくキレイ)下にタオルなどを敷いてもちょっと痛いのが難点です。

《穏やかでキレイな水面が広がっています》

《「Cap Canaille(カナイユ岬)」が近い!》

丸く削られている石なので、足ツボに刺激がされ、慣れてくるとさほど痛さは感じませんが、やっぱり子供には砂浜が無難です!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロヴァンスの人たちが愛する「カシ」という小さな港町リゾートは、美味しい魚介類とワイン、そして人情味のある地元っ子と観光客で賑わう南仏屈指の港町です。

次回は、

海、海、海に囲まれた南仏プロヴァンスとまた違った風景をいっぱい満喫できる、

マルセイユとリヨンの間にある、ローヌ・アルプの「Ardèche(アルデシュ)」で田舎暮らし体験をご紹介します!



「タウンライフ旅さがし」で海外旅行見積り・プランの一括お問い合わせ!!

時間がない!

いちいち探すのが面倒くさい!!

でも行くのなら良い旅行にしたい!!!

\そんな欲張りさん必見!!/

①完全無料で1社1社個別にお問い合わせをしなくても複数の旅行会社に一括見積り・問い合わせが可能

②自分の行きたい各地域、要望を専門に取り扱う旅行会社が最適なプランを無料で作成・提案可能

海外在住社必見!日本へ一時帰国の際にお役立ちのSIMカード「hanacell」

★使わない日は料金ゼロ!

★データ定額が自動適応!!

★日本の番号で通話もできる!!!

「JAPAN TRAVEL SIM」の使い方についてはこちら参照

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本では広告代理店でバリバリ雑誌の企画営業を担当。 海外に出国して戻ってきた時の再就職のためにデザインも出来る営業マンを目指し会社を退社後、デザインの専門学校で学生時代には身につかなかった基礎を身につける。 思い描いていた日本の暮らしは叶わずフランスで子育て真っ最中。 日本へ帰国した時の楽しみは、会社員時代にお世話になった人達のお店へ出かけるのが密かな趣味。