《2017年》南仏アヴィニョンの世界遺産へ出かけてみよう!

Bonjour!!

最近、本当に南仏は毎日暑くなってきて、

服類以外にベットのシーツも枕カバーも全て洗ってしまうので洗濯ばかりしているじゃがっ娘です。

本日はフランスへ来て、

何かと縁のある南仏アヴィニョン(Avignon)についてご紹介したいと思います!!

前回の夏のバカンス時に持参した方が良いおすすめ5選はこちら

《2017年》夏のバカンスを快適に過ごす必須持ち物5選!!〜海外編〜

2017.05.29

 

南仏アヴィニョンと言ったら、世界遺産の歴史地区は必見!!

「アヴィニョン歴史地区:法王庁宮殿、大聖堂等の建造物群およびアヴィニョン橋」は、

フランスにあるユネスコ世界遺産に認定されています。

それではどこが世界遺産の歴史地区なのかをご紹介していきます。

①法王庁宮殿 (教皇庁)Pope’s Palace (Palais des Papes)

ヨーロッパ最大級のゴシック様式の宮殿

アヴィニョンの街にそびえ立ち、

文化の中心となっています。

 

ノートルダム・デ・ドン大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame des Doms)

別名:アヴィニョン大聖堂

《入口前にはイエス・キリスト》

《大聖堂内部》

アヴィニョンの城壁の中でロシェ・デ・ドンと教皇宮殿の間に位置する大聖堂

徒歩で簡単に行く事が出来ます。

14世紀の教皇たちが眠る美しい

ロマネスク様式の大聖堂

今まで何度となく修復され今の形になりました。

その中で1859年に大聖堂の西側の鐘楼の頂上で黄金に輝く聖母像が据え付けられました。

ちなみに、内部の礼拝室はゴシック様式で造られています。

そして、教皇ヨハネス22世のお墓があります。

補足
 

★ロマネスク様式・・・10世紀末から12世紀にかけて西ヨーロッパに広まった

中世の修道院や教会のための様式が始まりで特徴は、

①交差ヴォールト

※石で構成されたトンネル型のヴォールト形式の天井。

②厚い石壁

③小さな窓

④半径アーチ

⑤独特の柱頭

が主な特徴になります。

 

★ゴシック様式・・・12世紀後半から15世紀にかけての建築や美術様式で特徴は、

①先の尖ったアーチ(尖頭アーチ)で建物の高さを強調して、天にそびえ立つような印象

②建物の壁に大きな窓を開けて堂内に大量の光を取り入れている作りである事

③建物を外側から支えるアーチであるとびばりなどの構造物が外壁からせりだしてる外観である事

ノートルダム・デ・ドン大聖堂 は毎日無料で公開されているので、

礼拝目的ではなくても中に入ることができます。

ミサに参列したり、宗教的芸術品の数々をぜひご覧ください。

 

③ 小宮殿(Petit Palais/プチ・パレ

法王庁宮殿 (教皇庁)のお隣にあり、

14世紀に建てられた司教館で現在は美術館になっています。

ルネサンス期のアヴィニョン派の絵画のコレクションやイタリア絵画がたくさんあります。

その中でもイタリアの画家、

サンドロ・ボッティチェリSandro Botticelli)作の『聖母子』、

ボッティチェリと言ったら、

イタリアのフィレンツェ、「ウフィツィ美術館」にある

「ヴィーナスの誕生」が有名な画家です。

カルロ・クリヴェッリ(Carlo Crivelli)作『四聖人』などが所蔵されています。

 

④サン ベネゼ橋(又の名をアヴィニョン橋)

アヴィニョンの城壁の外側にあるので一度城壁内から外へ出ると

ローヌ川に架かっている橋がみられます。

それが、

「アヴィニョンの橋の上で〜踊るよ〜踊るよ〜♪」という歌に登場する橋です。

※タイトル名:「アヴィニョンの橋で」

この橋の歌は各国々で歌われているのでタイトル名は知らなくても

曲が流れれば聞いた事がある人が多いかもしれませんね。

だから、

どこにも到達しない橋なのに未だに世界中の観光客を惹きつける

アヴィニョンを象徴する建造物のひとつでなのだと思います。

(端まで行ったら戻ってこないといけない。それも、橋を渡るのは有料。)

 

⑤ドンの岩壁(Rocher des Doms/ロシェ・デ・ドン

法王庁宮殿 (教皇庁)の北側の裏手にある岩山で高さ30mある天然の要塞です。

街の起源とされ、現在は緑あふれる公園になっています。

私たちが行った際は子供達が楽しそうに駆け回っていたり、

ゆっくり木陰で休んでいたりする人たちばかりでした。

 

⑥城壁

この城壁は教皇庁が置かれていた14世紀に建造されたました。

中世の都市城塞建築の姿を伝えるものとしては貴重な遺産です。

現在でも街の中心を囲むようにアヴィニョンは城壁に囲まれています。

車で城壁の中に入るとあまりの一方通行さと道の狭さに立ち往生する程です。

※周辺に路上駐車をするか、有料駐車場に停車して街の中心へ向かう方が効率的に観光できます。

でも、アヴィニョン市民はこの交通が不便な城壁内で住める事がとても誇りなんだとか。

 

まとめ

私ごとですが、

昨年アヴィニョンの北に位置する

「シャトーヌフ・デュ・パプ(Châteauneuf-du-Pape)」というワインの名産でもある

ワイン畑にそびえ立つお城で結婚式を挙げた事もあり何かとご縁がある地域です。

そして、人と人とのの縁もあり、また呼び寄せられたアヴィニョン。

ぜひ、アヴィニョンの世界遺産を訪れてみてはいかがでしょうか?

各種イベント情報などは下記からどうぞ。(フランス語版)

 

次回はアヴィニョン周辺観光スポットの第2弾をお届けします!!

 

 

 

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

これからの時代はモバイルファースト必須!!
WPテーマ「ストーク」

新しいスマホビュー時代にはこだわり抜いたWordPressテーマ「ストーク」が熱い!!!スマホでの見やすさ、操作しやすさが実感できます。

コメントを残す