35歳からの老脳の鍛え方 〜序章〜

初めましての方はこちらから。

30歳を過ぎると記憶力がなかなか鍛えられないと聞きますが本当にそうだな。

っと、子供を産んでから益々実感するようになりました。

私の場合は日本語もパーフェクトではない30歳を過ぎてからのフランス生活で

フランス語の1〜10までの数字さえも知らないままフランスへ来て、

語学学校に行けばなんとかなる。

っと思っていた渡仏2ヶ月後には妊娠が発覚して語学学校に通う余裕なんて

体も心も前向きな気持ちも容赦無くなくなって、マタニティライフを送った。

っという経緯があって、勉強したくても出来ない状態から、

旦那が無職になり、1歳を迎えた子供の面倒をみてくれる絶好の良いタイミング?

(前向きに考えた結果だけど、当時は子持ちで大黒柱が無職になる事には衝撃を受けました。)

に巡りあったことでフランス語が話せない人の登竜門?でもある移民局(OFII)からの

無料語学学校&最低限のテストを受けて、まぁ、これで一旦大丈夫?

っと、安易に考えていたら、

フランス人と肩を並べて働けるだけの語力では到底ない現実にぶち当たって、

右往左往しながら結果的に今は、

自宅でのフランス語の習得に切り替えたばかり。

でも、いつかは再度語学学校に通いたい。

と思っている諦めの悪い遅咲き30代後半。

今更、語学学校??

今更、フランス語???

いい年こいた大人が・・・。

そんな世間一般的な意見なんてここフランスでは皆無。

生きていくためにフランス語が出来なければ中東からの移民、難民の人と同じ。

「フランスから出って行ってください。」っと言われても何も言えない。

だから、最低限のフランス語を習得しなければ前に進めない。

そんな遅咲き老脳女に立ちはだかるフランス語教育。

昨年の9月から幼稚園に入園した息子の方がどんどんフランス語力が身について

パパと話す時の会話がすでに分からない・・・。

かといって、家の中では日本語中心。

なんだ、この悪循環は・・・。

いつの間にか日本語ぺらぺらの旦那から

「あなたのフランス語を聞くと息子がおかしなフランス語を話すから

 日本語だけにして!」っと、

毎回言われ全然身につかないフランス語力。

なんだ、これ・・・。

バイリンガル教育をさせたい親の思惑が先行し過ぎて私は犠牲になる日々。

そんな私がどうやって他言語を習得していくのか?

全然、外人にも外国にも憧れがない私が・・・。

フランス語が身につくのか?

前置きが長くなりましたが、

こちらの自サイトを立ち上げてやりたかった事の一つである

「老脳女の鍛え方」開講致します!!

 

次回:フランスで学ぶフランス語と日本で学ぶフランス語教材の違い。

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です