初恋とイヤイヤ期終了!?

うちの息子は只今、4歳です。

そんな4歳になった息子はある日×仏の女の子を好きになりました。

JAGAKO

それがきっかけなのか?

男として、女の子を守る。

女の子を引っ張ってリードする。

自分の出来る事を人に教えてあげる。

感謝され自信がつく。

生まれ持った男としてのプライドが芽生え、

我が息子

女の子を喜ばせたい。(特に好きな子)

そんな願望から男らしさがメキメキと目立つ様になって来た息子。

JAGAKO

そして、

この3年、悩みに悩まされたイヤイヤ期を脱しました。

ようやくです!

それには、環境の変化もありますが、

何よりも人の話をまず聞き、理解して、人の意見も聞き入れる事によって、

周りの人とぶつからないで円滑に物事が進められる様になった事が大きいです。

今までは自分の気持ち、これはやりたいけど、これはやりたくない。

我が息子

これ、イヤ!!!

嫌いだと思う気持ちが先行して、イヤイヤ泣く、泣き叫ぶ、暴れる、もぅ手に負えない。

そんなパターンの毎日で、朝から眠りに着くまでイヤイヤ言われ、暴れ、泣かない日がない程の毎日で、

かなり私も旦那も疲弊していました。

それも、ご機嫌さんだったかと思ったら突然、

イヤイヤスイッチが入る事なんてしょっちゅう。

それも、そのスイッチは何気無い事過ぎてびっくりする事もしばしば。

例えば、玄関の鍵を先に開けた、閉めた。

エレベーターのボタンを先に押した。

テレビのスイッチを先に消した・・・。

その都度、なだめて、やり直し。

極め付けが、

好きなパンが無くなった・・・。

お気に入りのズボンを洗濯して履けない・・・など。

それも毎日決まったパターンではなく、嫌ポイントが毎回変わる、気分次第なので、昨日は何もなかった事が今日はイヤイヤ。

どぅしようもない事でも、機嫌を損ね朝から大騒ぎ。

だから、近くの公園に出かけても帰って来る際は毎回、泣き叫び大暴れの中、強制退去。

お出かけするのも疲弊するだけで、

買い物も3日に1回が、1週間に1回、2週間に1回・・・と、

お出かけ恐怖症になる程のすごさ。

物心が付き出した頃から、

JAGAKO

こだわりの強い子だなっ〜!!

とは、思っていたけれど、そのこだわりが半端なくて、

あまりにも自分と違う性格に戸惑う日々。

でも、そんな気難しい息子を育てる中、救いだったのは、

義理母が自分の息子(旦那の兄)と同じ性格で、

手を焼いた経験からかなり心配と同じ性格である事への共感から孫が可愛くて仕方がなく、かなり甘い事。

(完全に旦那家系のDNAを受け継いでいる証)

そして、いつも気にかけてくれる。

それもこれは、三代続く長男の宿命らしく、

義理母もまた、長男が生まれた際に義理母から(旦那の父方の母・お姑)うちの息子と同じように性格が強く、こだわりが強く手を焼くだろう。

と、言われ実際に苦労した子育て。

旦那家系のDNAは、今、まさに同じ様に受け継がれている事に怖ささえ覚える私。

そして、そんな我が道を行く、

故・義理父の兄、義理兄にそっくりな性格の息子はトントン(伯父さん)と、気が合う。

だから、義理兄もうちの息子を連れ出して良く遊んでくれるし、

いろいろな物を買ってくれる程うちの息子にメロメロな義理兄。

そして、義理兄同様、

息子と仲良くなるお友達はクラスの中で目立つ子、問題のある子、ワガママな子、気が強い子・・・。

類は友を呼ぶと言うけれど、喜怒哀楽がはっきりしている子供らしい、分かりやすい子が好き。

それは男女問わず共通していて、その中でも強烈な程、

(〃ω〃)キュン、キュンするみたいな息子。

だから、

大好きな女の子も気が強くて、負けず嫌いな女の子。

息子自体もかなりの負けず嫌いで競い合ったり、喧嘩しだしたら大変な二人。

そんな同じキャラの2人だけど、

毎週会ったり、一緒にお出かけして、いろいろな新しい体験が出来る事で、

2人共があからさまに負けず嫌いが発動した際、

どちかかが、勝ち負けを相手にゆずる。と、いう事も段々、出来る様になりました。

そして、

負けず嫌い同士だと、衝突してぶつかって喧嘩して、泣いて、すねる。

でも、時間が経てばすぐに仲良し。

そして、また競うし、また一緒に遊びたい。と、別れた後は常に寂しそう。

そして、

我が息子

つぎは、いつあえるの?

いつ、あそべるの?

また、あそびたいだの。

の繰り返しの息子。

逆に気が弱い子とは年上だろうが相手を泣かせてしまって叱る事が多く、

叱られる事への反発で益々機嫌を損ねる事が多かった、つい最近。

だから、明らかに違う対応の大好きな女の子への想いと行動。

大好きな女の子は喜怒哀楽がハッキリしているけど、みんなから愛されるキャラ。

可愛くて優しくて、大人も子供もメロメロになる程モテモテの一筋縄ではいかない女の子。

逆にそんな簡単には振り向いてもらえない、

一筋縄ではいかない女の子を選ぶ気難しい息子。

だから、

その女の子を好きになったおかげで、男として、頑張る様になった姿がすごく気持ちが良い程分かりやすい。

例えば、

姪っ子のお下がりの教材で日本語の書き取り練習をしだしたかと思ったら、

まずは自分の名前をクリアして、その次に選んだのは大好きな女の子の名前。

そして、急に

我が息子

これ、あげるだの。

と、言い出したので、

JAGAKO

じゃぁ〜お手紙書いてあげたら?

っという言葉に素直にまずは練習して、清書。(←素直に従う事すら今までは出来なかった。)

所々、難しいひらがなは一緒に書きましたが、出来る所は自由に息子自身で書き上げました。

そして、ソワソワしながら大好きな女の子へプレゼント。

JAGAKO

男子たるもの女子に喜んでもらえてなんぼっ。

と、言いますが、

4歳にしてかなり一途でまっすぐで、大好きアピールの連続。

でも、大好きな女の子から、

M姫ちゃん

嫌い!!

っと、言われてもめげずに折れない心の息子。

ある意味、すごい!

大好きな女の子に嫌い。

と、拒否られれば拒否られる程落ち込みまた頑張る。(燃える)

振り向かせたくて、喜ばせたくて、

我が息子

M姫ちゃんと、これやるの。

これしたい。

これあげたい。(プレゼントしたい。)

会えない時間が長ければ長い程、

我が息子

明日、学校ある?

明日、M姫ちゃんと一緒?

と、次に会えるのを心待ちにしている息子。

旦那も呆れる我が息子。

息子の脳内の半分はM姫ちゃんと遊んで楽しかった思い出とまた、遊びたいという願望。

負けず嫌いだからこそ、同じ様な性格の女の子に負けたくない。

M姫ちゃん

嫌い!

嫌い!!

嫌い!!!!

と、言われれば振り向かせたい。

最終的には好き。と言わせたい。

大好きな女の子が困っていたら、必ず味方に付いて大人に解決策を提案する。

助けを求め、また笑顔になって欲しい。

大好きな子が、

ライバルの男のお友達と仲良く遊んで、自分は仲間に入れてくれない時は、

我が息子

M姫ちゃんが、好きだの!!

と、みんなの前で泣き叫び、Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

はっきり宣言をしてしまう程。

( ゚д゚)イヤイヤイヤ・・・

JAGAKO

バい・・・

これは、間違った方向に行くとストーカーだなっ。

(。-∀-)トホホッ

と、思う程の想い入れ。

そんな、負けず嫌いで、はっきり自己主張をする息子の初恋。

初恋とともに、息子はどんどん相手の喜ぶポイントを見つけ、

良い子ちゃんに成長してくれている姿に母親としてびっくりする事や微笑ましく思う事などを感じる様になりました。

また、

今では本当に素直で、相手の気持ちも分かるようになってきたおかげで、

ちゃんと、「ありがとう。」と「ごめんなさい。」が言えるようになりました。(←本当、つい最近まで言えなかった。失礼で天邪鬼な息子。)

そして、率先してイイ事をして、

JAGAKO

ありがとね〜!

を、快感としているドヤ顔が眩しい。笑

何より、

世の中にはどうしようもない事、ならない事、しょうがない事が理解できてきて、自ら、

我が息子

ママン、しょうがないだよ。

大丈夫だよ。(←いつの間にか励ます様に成長。それもなぜかドヤ顔。)

っと、いう言葉を発し、世の中の不条理に対して、

爆発して暴れてイヤイヤしなくなった事。

さらに、( ̄▽+ ̄*)

旦那と喧嘩する際には必ず私の味方でいてくれる息子。

イヤイヤ期が長かった分、

あの悪夢の毎日が嘘だったのかの様に可愛くて、可愛くて仕方がない息子。

今となっては、あっという間のイヤイヤ期

息子の成長から自分達の成長も垣間見られる事も多い子育て。

最近、あまりにも仲良しな私達に旦那がヤキモチを焼く程。

GONZO

!!!( ̄□ ̄;)!!

ママを1番始めに見つけたのはパパ!

だと、いう言葉に負けず嫌いな息子は、

我が息子

わたしが、ママンを見つけたの。o(`ω´ )o

゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o

と、バチバチ争ってくれます。

本当に可愛イイ、

息子はまさにプチ・恋人みたい。(*’艸3`):;*。 プッ

JAGAKO

この世に生まれてきてありがとう、息子よっ。笑

 

初恋はきっと一瞬。

でも、成長過程の中で、

人を好きになる事、

人に好きになってもらうために努力する事、

そして、自分のためだけではなく、

相手の事を考え、相手に優しくできる事。

息子の初恋は今、まさに成長過程で、

男としてたくましく育つ大切な要素なのだと。

そして、私たちは息子の成長とともに体力的には衰えていく身。

JAGAKO

第二反抗期までには精神的にも体力的に鍛えておかねば。

っと、束の間の幸せ!?を噛み締めて息子の成長を見守ろうと思います。

 

まとめ

あなたのお子さんはどうですか?

成長してしまえば、すべて良い思い出。

でも、数ヶ月前まで、

私たち家族は息子のイヤイヤ期が一生終わらないのではないか?っと悩める日々でした。

特に異性でもある男の子は女の私とは全然違う考え方や行動をします。

例えば、

フランス社会でお出かけした時の必須でもある公共の場の立ちション。

日本みたいにどこでもコンビニがあったり、お店があってお手洗いへ行く事にあまり支障がないのと違って、フランスはとても不便です。

だから、急にお手洗いに行きたくなってグズリだした子供は本当に大変です。

どうしようもない時、木陰で立ちションを出来る男の子は楽なのですが、そんな、些細な事でも一歩外へお出かけしたら出来なくて大変だった息子。

そんな時、

その手ほどきをしてくれたのは同じ男でもある旦那。

女の私に出来る事と、出来ない事がある。

母親として教えたくても教えられない境界線がある。

特に小さい時、

同性である父親の存在はとても重要だと。

もしくは、異性の男の子を育てる上で、パパの存在や兄弟、お爺ちゃんや伯父さん・・・

JAGAKO

誰かしら、男の存在は必要だな。

っと、男の子を育てて感じる事。

逆に女の子は同性として、母親の姿を見て育つので気をつけないといけない行動や言動だらけ。

どちらの子も親の背中を見て育つ。

そして、学校やお友達との共同生活の中で育つ子供の成長。

成長の度合いは人それぞれですが、

困った問題児も何かをきっかけに大きく成長する事が出来るのだと。

息子の成長で気づかせてもらいました。

だから、イヤイヤ期、反抗期、子供の反発で悩んでいる人、

きっといつかはみんなが笑顔になれる日が来ると思います。

そう言う、明るい未来がきっと来ますように。

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

これからの時代はモバイルファースト必須!!
WPテーマ「ストーク」

新しいスマホビュー時代にはこだわり抜いたWordPressテーマ「ストーク」が熱い!!!スマホでの見やすさ、操作しやすさが実感できます。

コメントを残す