【海外の遊び場 〜後編〜】南仏マルセイユで見つけた面白い公園4選

Bonjour〜!!

いかがお過ごしでしょうか?

子供がお休みになる度に、親はあれこれ、旅行の計画を立てたり、近場で簡単に遊ばせられる場所を探したり・・・

本音は、ゆっくり過ごしたいと思っても思い通りにはいかない子供のバカンス期間。

特に夏の長期のバカンスは、親にとったら毎日が戦争!!

食事の支度から、子供の宿題や遊びに付き合ったり、お出かけをすれば出かけた分、お金は泡水のごとく飛んでゆく〜!

JAGAKO
早く学校始まれ〜!!

休み多すぎだぁ〜!!

っと、思うのは私だけではないはず!?

そこで、お金をかけず、朝からテンションが高くて活発な子供を遊ばせられる場所の代表「公園」。

前回に引き続き、マルセイユで出会った様々な公園の中でも、特徴のある面白い公園をご紹介します!

《厳選したポイント》

●何かしら特徴のある公園

●面白い公園

●何度も訪れたい公園

●子供も大人も楽しめる公園

●ゆっくり過ごせる公園

●無料で入場ができる公園

【海外の遊び場 〜前編〜】南仏マルセイユで有名な公園4選

2019年8月8日

 

本格アスレチック併設の「パーク・パストレ」〜乗馬可能?お馬さん小屋も隣接〜

前回ご紹介した、

【海外の遊び場 〜前編〜】南仏マルセイユで有名な公園4選

2019年8月8日

「ボレリー公園」のすぐお隣「Plage du Prado(プラド海岸)」から、さらに南に向かった海岸ポイントに、

「La Pointe Rouge(ラ・ポワント・ルージュ)」という砂浜があります。

《「ポワント・ルージュ」は、「プラド海岸」よりも小さいですが人気の砂浜!》

《目印は停泊船が連なる海岸》

そのビーチから少し奥に入った所にあるのが、「Parc Pastré (パーク・パストレ)」。

別名、「Parc de Montredon (モンテルドン公園)」です。

《「モンテルドン公園」の表記》

《多くの地元の人は「パーク・パストレ」っと呼ぶ!》

JAGAKO
何が面白い公園なのか?

実は、この公園内には、「PASTRE AVENTURE」という、アスレチック施設があります。

自然そのものを生かした、自然共生型アウトドアパークです。

日本でも今、フランス発のアクティビティセンターが誕生し、家族で楽しめると話題になっていますが、まさに、そんな家族で楽しめるアクティビティの宝庫フランスで、日常の生活の一部である公園の中に浸透しています。

利用料金(貸し出し安全具費込み)が必要になります

 

《自然いっぱい!》

《初心者コースでも結構高さがあります》

《人気はやっぱりターザン体験ができる「ジップライン」》

初心者コースは意志の疎通ができる5歳以上が対象です。

だから、今年からデビューした息子。

初めにインストラクターから説明があります!

 

《いつの間にか全然知らない子とお友達に・・・》

《男の子ってどうしてこういうのが好きなんだろう?苦笑》

ビビっていたのは初めくらいで、次々と一人でミッションをクリアして行きます。

《安全具の使い方も慣れたもの》

《挑戦させる事で子供の成長が分かる!》

《夏の暑い時期でも短いズボンよりも長いズボンがおすすめ!》

ちなみ、初心者コースでも結構本格的ですが、上級者・プロ級コースは、陸地からかなり上の方で一つ、一つのミッションを制覇していくコースなので下の方で見ている方が怖いくらいです。

《10m 以上の高さが当たり前な上級者コース》

《もはや設備も森の中に溶け込み過ぎて・・・》

そして、この公園内は、お手洗い、売店、小さい子供用の遊具、ミニ遊園地があります。

 

《サッカーゴール完備》

《売店もあり、隣にミニ遊園地完備》

定番の芝生の上でピクニック、読書、お昼寝をする人たちもいますが、サッカー、サイクリング、ランニングなど、広い敷地内で各々に過ごす事ができます。

幼稚園児から小学生くらいまでの遊具

週末限定で現れるエアー遊具もあります!

JAGAKO
そして、一番驚いたのが、乗馬センターがお隣にある事!

《公園内から聞こえた馬の声・・・》

《誰でも入場可能・・・》

すぐに馬が近寄って来て、毛嫌いされるのかと思いきや、おとなしく、人に慣れている馬が多いので子供が近づいても大丈夫です!

《広い・・・でも、まだまだ、一部》

《優しそうな馬》

JAGAKO
内心、街の中と違って、セキュリティーがあまりにも無さ過ぎて、無防備な乗馬センターでびっくりです!

練習場なので、レストランも完備され、ゆっくり乗馬体験ができます!

ココがポイント!

●112ヘクタールもの広大な敷地

●公園内には、最も有名な「Château Pastré(パストレ城)※特徴はレンガと石のエレガントな建物」を始め、「Le château Estrangin(エストランジャン城)」、「Château Sanderval(サンダーヴァル城)」の3つの邸宅がある。

●お散歩道に最適は小道、滝やプール、ペタンク場、広大な緑の芝生、ピクニック、ジョギング、自転車などが楽しめる

●カランクに続くハイキングコースがある

●乗用車禁止の歩行者道がある

●幼児用の遊具がある(柵で囲まれているので安全)

●公園の敷地内にアウトドアパークがある

●乗馬センターが隣にある

出典:Googleマップ

 

Parc Pastré

●住所:155 Avenue de Montredon, 13008 Marseille

●開園時間: 月〜日曜日 8:00~17:30

●交通機関:【最寄りのメトロ/Métro (M2)】 Rond-point du Prado

【バス】 Rond-point du Prado(19番線)出発、Madrague-Montredon (Montredon-Pastré)下車

PASTRE AVENTURE

●住所:CAMPAGNE PASTRE

155 Avenue de Montredon 13008 MARSEILLE

●電話:06 27 41 06 21 

●営業時間: 月〜日曜日 13:00~19:00

●入場料:13€〜22€ (初心者、中級、上級、プロ級の4段階)

※年齢制限で可能なエリアが決まっています。それに伴い料金変動あり。

●所要時間:1コース平均40分 ※TREK PASTRE AVENURE(プロ級コース)のみ2時間/営業時間内であれば時間無制限

●交通機関:【最寄りのメトロ/Métro (M2)】 Rond-point du Prado

【バス】 Rond-point du Prado(19番線)出発、Madrague-Montredon (Montredon-Pastré)下車

 

道路標識がある公園「パーク・シャノー」

大きなイベント会場としてマルセイユ市内で有名な「Marseille Chanot(マルセイユ・シャノー)」内に隣接されている公園「Jardin du Parc Chanot(パルク・シャノ庭園)」があります。

2018年にオープンした「 centre commercial Prado」のお隣が公園

1〜3歳用の遊具から、幼稚園児〜小学生くらいまで対象の遊具あり

この公園は「ボレリー公園」に比べれば全然小さいのですが、広すぎても子供の管理が大変になってしまうので、広すぎず、狭すぎず、小学生までのお子さんが遊ぶのには丁度良いくらいです。

でも、ココまではどこにでもある公園の特徴!

JAGAKO
この公園の一番の特徴は・・・

信号機付きの横断歩道がある事!

《自転車を乗り始めた園児にオススメの場所》

《特に補助輪付きくらいの時は練習用に便利な場所》

小学生低学年くらいまでの子供たちが、自転車の練習をするのに最適な場所が、「パーク・シャノー」です。

基本的な交通ルールを子供に教えながら走行練習できるのがポイント!

でも、慣れてくると真面目に走行する子供と自由気ままに走行する子供と分れるのが、フランスの子供あるあるですが。(苦笑)

ココがポイント!

●信号機付きの横断歩道がある

●交通の便が良い場所にある

●貸し出し自転車や遊具がある

●レストランがある

●1〜3歳用、3歳〜小学生対象の遊具がそれぞれ分かれて設置してある

●公園内のスペースを利用してサーカス団やその他のイベントがよくある

出典:Googleマップ

 

Jardin du Parc Chanot(パルク・シャノ庭園)

●住所:Rond Point du Prado13008 Marseille

●開園時間: 月〜日曜日 8:00~20:00

●交通情報:【最寄りのメトロ/Métro (M2)】Rond Point du Prado

 

歩行者天国なお散歩道が併設の「パーク・ボルトリー」

南仏に住んでいるとお世話になる事がある、マルセイユ領事館の近くにある、「Parc Bortoli(パーク・ボルトリー)」には、周りを集合住宅(主にアパルトマン)で囲まれている事もあり、車の乗り入れが禁止されている歩行者専用道路があります。

JAGAKO
そう!この公園の一番の特徴は・・・

歩行者天国がある事!!

主に、お散歩、自転車、犬の散歩道になっているため、小さな子供が車の警戒なく走行できるので、安心です。

犬用のお散歩道でもあるので、朝と夕方は特に犬のお散歩に遭遇します!

平日の昼間は静かですが、週末と夕方は賑やかになります

 

《小さい園内なのですぐに飽きてしまうのが悩みの種》

《監視する親には丁度良い広さの公園》

なかなか上手く乗れない自転車にかんしゃくを起こす息子。そんな時、いつもなだめるのは性格がそっくりな旦那の役目です。

子供が小さいうちは、家にこもっているよりもお外で元気に遊んで、体力も付けて、夜にぐっすり眠って欲しい。

何よりもストレスを発散して少しでも子供のかんしゃくを減らしたい。

そんな「公園」の中でも、安全に子供が遊べる場所が必要です。

この公園は、遊具系が少ないので、一人遊びだとすぐに飽きてしまいますが、お友達が一緒だと楽しく遊んでくれます。

また、子供が居なくてもゆっくり散策するだけでも気持ちの良い公園です。

ココがポイント!

●自転車、お散歩、ジョギングに最適な乗用車禁止の歩行者道がある

●ペタンク場があり、年配の方が多い

●幼児用の遊具がある(柵で囲まれているので安全)

●公立の市民プールも併設

●大型ショッピングセンターやマルセイユ領事館などがあり、比較的安全なエリア

出典:Googleマップ

 

Parc Bortoli/パルタジェ・ボルトリ庭園

●住所:2 Chemin du Lancier 13008 Marseille

●開園時間: 月〜日曜日 8:00~18:00

 

テーマガーデンのある26世紀「サントネール公園」

約10ヘクタールの広さを持つ「Parc du 26ème Centenaire(26ème サントネール公園)※マルセイユ建国2600年を記念した公園」の都市公園は、マルセイユ市内から廃棄物を排除させるために、1871年に建設された「旧 Prado(プラド)駅」の跡地に2001年6月23日に開設された、マルセイユでは比較的新しい公園です。

だから、旧プラド駅のレールをそのまま生かしたでデザインもあり、長方形の形をしています。

名前にある「Parc du 26ème Centenaireは、マルセイユが昔、 「la cité phocéenne(「ポカイアの都市」)」と呼ばれていた頃から、2600年の時を経て、それまでの歴史を祝うために建設されました。

だから、名前に「26ème」があるんですね。

JAGAKO
てか、呼びにくい公園ダァ〜!

長く続く公園内

公園の入口(最寄りのメトロ(Périer/ペリエ)側)には、「Arbre de l’Espérance(希望の木)」と名付けられたミニュメントがあり、葉の形には、人間性と友愛をテーマにマルセイユの人口を表す家系図として象徴されています。

《公園内にある人気の池周辺はをお散歩する人多し!》

《数羽のニワトリが放し飼い》

入口からまっすぐ進み出口を出ると・・・

Rond-Point du Prado駅からBoulevard Rabatau(ラバトー通り)を通り、徒歩10分出口側に到着!ココから入場可能!!

この公園の付近には、2016年にフィギュアスケートの羽生結弦氏がグランプリファイナルで優勝した会場、「Palais omnisports Marseille Grand Est(パレ・オムニスポール・マルセイユ・グランデスト)」があります。

《横断幕も羽生選手のばかり》

《宇野選手が登場で会場が日本国旗に染まる》

《日本人の活躍がフランスで見られるとは・・・》

Palais omnisports Marseille Grand Est

●通常は、アイスリンクと屋内スケートパーク施設

●フィギュアスケートなど、イベント時にも利用される事がある

JAGAKO
すいません!話が逸れました!

この公園の一番の特徴は・・・

4つのテーマガーデンがある事です!

テーマガーデン

①プロヴァンスの庭

②東洋の庭

③アフリカの庭

④日本庭園をモチーフにしたアジアの庭

ココがポイント!

●約10ヘクタールの細長い地形の公園

●ピクニック、お誕生日会、お散歩、自転車、ランニング等可能

●展示ギャラリー、 ボウリングゲームやペタンク場、サッカーを始め、いろいろなボール遊びができる広場、レンタサイクル、自転車やお散歩道など完備

出典:Googleマップ

 

Parc du 26eme Centenaire

●住所:Avenue de Corinthe 13010 Marseille

●開園時間: 月〜日曜日 8:00~20:00

●交通情報:【最寄りの駅】Perier(M2)/Rond Point du Prado(M2)

【バス】Parc du 26eme Centenaire(50番線)他72、73番線

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

実は、この公園まとめ(前・後編)の記事を書くにあたって、このサイトをきっかけにお友達になった方から、このサイトで紹介されている場所を参考にしてくれている事を聞いて、ハッと!しました。

決して、筆まめではないので、記事を書くスピードがかなり遅い私。

書きたいネタだけはどんどん溜まっていきますがなかなか進まない現実。

でも、記事にする時は、実際に現地へ赴き、感じた事、実際にもらったパンフレットなどを読み解き、いろいろな事を調べ上げ記事にしています。

だから、このサイトで使われている写真は実際に自分が撮影したもの。

写真が多いのも実際の現場のリアルな姿を伝えたいから。

だから、写真家が撮影したような綺麗な写真ではないけれど、行ってみたいな。っと、思ってくれるような内容を心がけています。

それでも、まだまだ納得のいかない文章構成力。

読まれるありがたみと一緒に、恥ずかしい気持ちと、自分の発信する記事に責任を感じつつ、誤字脱字や言葉使いや言い回しなど心配になる事が多いです。

でも、そんな私のサイトを読んでくれる読者がいる。

現地海外に住んでいると、観光地として、人が多く集まる場所でも、日々の生活の中で当たり前な風景になってしまい、今回の様な「公園」についても在り来たり過ぎて記事にする程のものでもない。っと思っていました。

でも、数日〜数週間の短期滞在の旅行者以外の駐在、留学、ワーホリなど、1年以上滞在する人たちのためにも参考になるサイトでありたいと思いました。

パリに比べたら断然少ない南仏在住の日本人。

でも、プロヴァンスに行くなら、マルセイユにも寄ってみようかな。

マルセイユに留学してみようかな。

マルセイユのレストランに行ってみようかな。

そんな風に思ってもらえる様に、ガイドブックには掲載されない様な、でも、地元では当たり前な、穴場スポットが本当はいっぱいあるので、少しづつお届けしていきたいなっ。と思います。

っと、いう事で、お友達からヒントを頂いたので、

次回から、マルセイユの郷土料理やレストラン情報をご紹介します!

JAGAKO
マルセイユのこんな情報求む!っと、いう方は、こちらじゃがっ娘直通

ここまで、読んで頂きありがとうございました。



「タウンライフ旅さがし」で海外旅行見積り・プランの一括お問い合わせ!!

時間がない!

いちいち探すのが面倒くさい!!

でも行くのなら良い旅行にしたい!!!

\そんな欲張りさん必見!!/

①完全無料で1社1社個別にお問い合わせをしなくても複数の旅行会社に一括見積り・問い合わせが可能

②自分の行きたい各地域、要望を専門に取り扱う旅行会社が最適なプランを無料で作成・提案可能

海外在住社必見!日本へ一時帰国の際にお役立ちのSIMカード「hanacell」

★使わない日は料金ゼロ!

★データ定額が自動適応!!

★日本の番号で通話もできる!!!

「JAPAN TRAVEL SIM」の使い方についてはこちら参照

フランスから送る海外生活の実態!!

海外に住んで初めて気づくあれこれ。 第2の人生でやりたい事のあれこれ。 結婚と育児とお金のあれこれ。 そして、生きて行くための海外での知恵。 時に真面目に、時に笑える、役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本では広告代理店でバリバリ雑誌の企画営業を担当。 海外に出国して戻ってきた時の再就職のためにデザインも出来る営業マンを目指し会社を退社後、デザインの専門学校で学生時代には身につかなかった基礎を身につける。 思い描いていた日本の暮らしは叶わずフランスで子育て真っ最中。 日本へ帰国した時の楽しみは、会社員時代にお世話になった人達のお店へ出かけるのが密かな趣味。